冷え知らずの体を作る

靴下

温活を食べ物から行う場合、過剰摂取によって胃腸に負担をかけたり薬の濃度を上昇させてしまうことがありますので注意が必要です。温活の主な目的は、体を冷やしている原因を取り除いて根本から温めて本来持つ機能を活性化させることです。女性特有の悩みを解消する手段にもなり、ダイエット目的で導入する人もいます。

女性に必要

女性

肌荒れやイライラの原因には、女性ホルモンが不足していることが挙げられます。この症状を改善させるためには、女性ホルモンを増やす効果があるたんぱく質や鉄分をしっかり摂取する必要があるのです。

良い姿勢で睡眠

ベッド

高反発マットレスのモットンは、耐久性のある素材で作られており、品質が保証されている他、返金保証もある製品です。これを購入する人は腰痛改善のために使用することが多く、実際に使用してその効果を感じている人がたくさんいます。

病気になりにくい体へ

マグカップを持つ女性

生活習慣の見直しが大切

近年、低体温の人が増えてきていると言われています。特に若い女性の冷え性は年々増加傾向にあります。体が熱を作るためには筋肉が必要です。昔よりも冷え性の人が多いのは、筋力が低下している人が増えてきているからと言われています。また、体温が低い人の特徴として「冬でもお風呂に入らずシャワーですませる」「冷たいジュースを好む」というのが挙げられます。体温を上げる方法として、まずは生活習慣の見直しをする事が大切です。特に冬は体の中から冷えて、血流が悪くなっています。お風呂に入る事で血管がひろがり、血流が良くなります。また、お風呂に入っている時に膝を曲げて、膝にお腹をくっつけるようにして軽く腹筋してください。こうすると血流が良くなるだけではなく、筋力アップにもつながります。お風呂で筋トレを行う事は体温を上げる方法としてとても効果的です。

低体温で起きる体の不調

体温を上げる方法は沢山ありますが、そもそもなぜ体温を上げなくてはいけないのでしょうか。そのためには体温について知る必要があります。日本人の平均体温は36度5分です。体温が低くなると血流が悪くなり、血液の中を流れる白血球の流れが悪くなります。これが免疫力の低下につながります。免疫力が低下すると、風邪を引きやすくなったり病気になりやすくなってしまいます。また、血流が悪くなる事で老廃物の流れも悪くなってしまいます。そうすると、お肌のトラブルが多くなったり、むくみが起きて太りやすくなってしまいます。体温を上げる方法を実践することで血流を良くし、免疫力をあげ、健康な体を保つことができるのです。筋力をつける事で体の熱を増やす事ができます。運動が苦手な人は生姜、ニンニクなど体を温める性質のある食べ物を摂ることから始めるようにしましょう。

Copyright © 2017 低体温を放置すると危険!体温を上げる方法を知って改善しよう All Rights Reserved.